日本留学するプロセス

Author: bigboss - 30/12/2019

日本留学は何を準備しますか?

日本に留学したいですか?

日本国が好きですか?

日本で勉強して、体験したいですか?

日本留学するプロセスを調べましょう!

  1. 日本語を勉強する

日本留学の書類を作成する時、必要な書類は日本語学習証明書と日本語能力試験の資格(日本語の資格を取得するには日本語能力試験に合格する必要です)。受験級は5級に分けて、N1, N2, N3, N4, N5。その中、N5は最も低いレベルで、初心者向けのレベルです。

一般に急速コースを勉強して、(1週間5回、1回3時間)。3ヶ月で(みんなの日本語の25課)N5を合格できます。6ヶ月で(みんなの日本語の50課)N4を合格できます

  1. 日本留学の時間

日本へ留学する期間は4つあります。1月、4月、7月、10月コース。その中:

コース 日本語を勉強する時間 書類を作成する時間 入管に書類を出す時間 結果を出す時間
1月 去年の6月末 去年の8月末 去年の9月末 去年の11月末
4月 去年の8月末 去年の10月末 去年の12月末 去年の2月末
7月 去年の8月末 2月末 4月末 5月末
10月 2月末 5月末 7月末 8月末
  1. 日本語学校を選ぶ

決める前に、日本語学校の情報を調べることを拒否するという考えをすぐに放棄してください、‘入るだけで、どこでもいい’という考えが間違います。多くの場合は、はいた後で、この学校が良くなくて、自分が合わない。学校を間違った選択はお金、時間、労力がかかることはでなく、精神に影響を与えます。学校を選ぶ注意:

-習いたい専攻:何の専攻を習いたいですか?その専攻での将来の仕事を開発する方法は?

‐自分の能力:自分に合う能力を選んで、多くの学校に入るために登録する必要があります

  1. 書類を作成する方法

-留学カウンセリングセンターを頼む

-自分で

-知り合い、親戚を頼む(あれば)

日本語学校のスタッフは書類を作成することを助けます。

しかし、ベトナムの学生にとって最大の障壁は外国語能力です。 日本の入管管理局には、COEを申請する為の非常に厳しい要件がありますが、ベトナムの個人文書に多くの論理的な誤りがあります。これが留学カウンセリングセンターが誕生した主な理由です。これは学生が日本で留学するプロセスを理解し、学生の記録の作成を直接支援するためです。

方法の選択は、ポートフォリオを持っている学生のニーズと期待に完全に依存します。お金を節約したい場合は、自分でやるか、経験豊富な知り合いを選ぶことができます。時間がなく、COE 合格率を確保したい場合、評判の良い海外留学カウンセリングセンターを選択する必要です。

  1. 書類の準備、招待書、在留資格(COE)

日本に留学する過程で書類の準備が重要です。このステップは、あなたが日本に留学するかどうかの決定的なステップです。準備すする必要がある日本の学生の学習記録には

  • 個人に関する書類
  • 出生届け
  • 高校卒業証明書、専門書卒業証明書、短期大学、大学(あれば)(源本)
  • 短期大学、大学、高校の成績表、
  • 身分証明書
  • 戸籍簿
  • 写真
  • パスポート
  • 日本語能力試験の資格
  • 経費支弁者の財政に関する書類
  • 経費支弁書
  • 経費支弁者の身分証明書
  1. 日本の入管管理局の電話に出る

日本の入管管理局の電話に出ることは必要なステップです、在留資格認定書(COE)の申請ヲ検査する際、日本の入管管理局は学生、経費支弁者に電話して情報を確認することができます。そのため、書類を作成するときに登録した情報に正確に回答する必要に注意してください。答えが間違っている場合、あなたが留学することができません。

  1. 入学許可(COA),在留資格(COE)及び学費を出す

通常、約2ヶ月後(入管に申請書を提出した日から)、COEを受け取ります。COEが合格した場合、学校は学費通知とともに結果を送信します。

学費の支払い手順の詳細は下のとおりです。

日本での留学プロセスに従い、入学および学費の通知を受け取った後、これらの書類をコピーし、パスポートを銀行に持って行き、学費を日本語学校に振り込みます。 。学校に支払われる金額は日本円であるため、円を使用して学校に送金するか、ベトナムドンとドルを銀行に持ち込み、送金時に円レートで支払うことができます。手続きはTADASHIによってサポートされるため、完全に安心できます。銀行にご案内し、最低の送金手数料で最速の手続きを行います。日本語学校で授業を終えた後、あなたが正で完了する必要がある残額は、申請をするときの残額です。約1か月後、あなたは日本に留学し、勉強します。

8.      日本の留学ビザの申請

a) 書類を出す

日本に入国したいベトナム人はまず日本大使館または総領事館でビザを申請する必要です。具体的には下の通りです。

–          Ho Chi Minh市にある総領事館はDac Lac省、Phu Yen省から南に住んでいる人々のビザ申請を受け取る責任があります。

–          Ha Noi 市にある総領事館はGia Lai省、Binh Dinh省から北に住んでいる人々のビザ申請を受け取る責任があります。

日本語学校が在留資格(原本)と入学許可を送付した後でこの書類を使用して、ハノイ市Lieu Giai町 27号にある日本大使館に行って、ビザを申請します。同時に、留学ビザ(すべて英語)を申請する為に、申告書に記入するように指示されます。書類は

o   パスポート

o   申請書

o   写真

o   在留資格(COE)

b)  大使館と面接

留学ビザを申請した後、申請者は大使館に面接に来るよう求めることができます。面接の目的は候補者の学業上の目標と能力をより確実にすることです。すべての質問は日本語で行われます。貧しい日本語の申請者はほとんど失敗しました。従ってベトナムで日本語をちゃんとに勉強することは重要です。

  1. 航空券を予約、入国手続きを完了します。

日本への留学プロセスの最後のステップは、日本へのフライトを予約し、入学プロセスを完了することです。学校は生徒の入学日を指定します。学生は、航空券を予約して、予定通りに日本に到着するようにしなければなりません。しかし、最近、大使館との面接はますます困難になっているため、入国スケジュールはビザの遅れの結果によって影響を受ける可能性があります。スケジュールは、スケジュールに影響がある場合、償還手続きを支援するために評判の良い代理店でチケットを予約することをお勧めします。上記はすべての情報「日本語学習プロセスの概要」です。特に日本での留学プロセスや費用の問題、留学プログラム全般について疑問がある場合は、以下の情報に連絡してアドバイスを受けてください。

  • TADASHI 人材株式会社
  • Facebook : https://www.facebook.com/DuHocNhatBanTadashi/
  • Hotline: 098 9394 222 – 0839.394.22