日本への労働輸出 威信及び経費が安い。

Author: bigboss - 18/03/2019

日本への労働輸出 威信及び経費が安い

現在、日本への労働輸出の需要は増加しています。日本の経済が発展して、工芸ー技術がモダンで、深刻な労働不足ですから、日本の組合は常に労働者を募集しています。しかし、労働輸出に参加した多くの労働者は普通労働、限られた意識、山の貧しい人々が人生を変えたいと思っています。

労働輸出に関する知識が不足しているせいで、悪い送り出し機関は悪用して、多くの費用を納めて、費用を増やし、日本に来日した後で、労働に対して責任が無し、または威信が低い組合と協力します。

日本への労働輸出に深く理解する為、TADASHIは必要な情報を総合しました。下の記事の通りです。

1.日本への労働輸出は何ですか?

日本への労働輸出はベトナムと日本の協力の形で、ベトナム労働者を日本に派遣することを目的、労働・傷病兵・社会問題省を通して、日本企業または組合は日本で働く為に適切な労働者を募集する為にベトナムに企業を派遣します。

従って、ベトナム労働者を日本に合法的に働かせるために、労働・傷病兵・社会問題省及び日本からベトナムに派遣された会社の2つの管理部門を通過する必要があります。(多くの求人票はFormを送信するだけで、Skypeで面接します。)

以外、日本への労働輸出を研究して、分かりにくい言葉 ‘機能実習生コース’と‘研究生コース’ にあいます。

  • 日本の機能実習生コース:

機能実習生コースと日本への労働輸出は実質に1つです。日本の雇用には二つの主な形があります。

  • 機能実習生のビザ:普通労働向けのビザ(建設、機械工、電気、溶接、大工仕事、裁縫、弁当などの分野の高校、専門学校、短期大学を卒業した熟練、未熟練労働者を含む、)
  • エンジニアのビザ:ベトナムで食品加工、経済、建設などを卒業した労働者向け
  • 研究生コース:

実質は以前の機能実習生コースです。

機能実習生コースは厳しい選択プロセス、来日の為の厳格な規則及び高い日本語要件があります。

目的は帰国後、会社や国を発展させることが出来るように、熟練労働者を訓練することです。

2009年から、日本は深刻な労働不足、多くの仕事、昇給に関する規制、研究生が機能実習生に転用されます。そのため、見習い期間は1年間、2年間から1ヶ月、3ヶ月に短縮されました。 

TADASHIで求人票を面接する写真

2.日本への労働輸出の条件:

日本への労働輸出が出来る為、求人票に応じて異なります。しかし、必要な条件は下の通りです。

  • 男性-女性   年齢:18-35歳 
  • 高校を卒業した以上から
  • 健康:健康が良くて、日本に行くことを禁じられている病気の13つのグループのうち1つ病気になる
  • 日本にビザを申請したことがない人、犯罪歴と日本の入国禁止がない人。

建設の求人票の二人は空港で出国する前の写真

3.日本への労働輸出のプロセス

日本への労働輸出のプロセスは基本的に8つのステップを経て、

ステップ1:労働の予選

組合や求人票に応じて異なります。

ステップ2:健康診断

ステップ3:組合との面接する前に、機能を教育すること

ステップ4:求人票を面接する

  • 直接に面接する;日本の組合は会社で直接に労働を募集する。
  • Skype で面接する
  • Formを送信する

ステップ5:日本語を習うこと

ステップ6:ビザを申請すること

ステップ7:出国、契約の通り、仕事をすること

ステップ8:仕事を完了して、帰国すること

4.書類の準備

–  求人票を面接する前の書類(下の通り、欄にあるマーク(√))

–  求人票を合格した後の書類

順番

求人票を面接する前の書類

書類名

1

写真

-白バック、白シャツ(女性)

-白バック、白シャツ、赤ネクタイ(男性)

4×6(20 枚)、3×4(20 枚)

 4.5×4.5(2枚)

写真の裏に名前と生年月日を記載してください)

 

2

 

旅券

1冊

3

健康診断

 

求人票を面接する前

病気の履歴、怪我、入れ墨を確認する

求人票を合格した後

病院の健康診断(3ヶ月以内)(TRANG AN 病院で診断した)

 

4

 

履歴書

写真を貼って、地方で証明した。(履歴書

の形は普通です)

 

2枚(源本)

5

最高の卒業証明書

(高校、専門学校、短期大学、大学証明書)

1枚(源本)

6

 

身分証明書

1枚源本(書類を完了した後で、返します)2枚(コピー公証)

7

戸籍簿

1枚源本(書類を完了した後で、返します)2枚(コピー公証)

8

 

出生届

 

2枚(コピー公証)

9

 

省で発行した犯罪歴しない証明書

1枚源本

10

 

婚姻状況証明書

 

1枚源本

 

上記、日本への労働輸出の情報を知る必要があります。日本への労働輸出に関心したら、TADASHI 人材株式会社にご連絡してください。会社は労働者を海外で働く為のサービスを提供する為に労働・傷病兵・社会問題省によって認可されました。ベトナム労働者と日本の組合の橋渡しです。

連絡先:

TADASHI 人材株式会社

タインホアの事務所:Thanh Hoa省Thanh Hoa市Phu Son町Phu Vinh通り136号

ハノイの事務所:  Ha Noi市Ha Dong区Quang Trung通り634号